1日1ん! 日々の感動をいろんな角度からひとつひとつ切りとっていきたいです。今という時はもう二度とこないから・・・

ピアノへの憧れは合唱コンクールがまずはスタート地点って人多くない?

クラスを代表してピアノ伴奏を仰せつかるということは、おそらく相当なプレッシャーでしょうが、そのプレッシャーなどものともしないほどのスキルを持つ人は、中学生位になると結構いるもんだ。素敵な歌声と共に、伴奏者の演奏にも感心させられた。

今日は一日大ホールを借り切っての合唱コンクール。
夏頃から練習してきたもので、家でもichigoがよく歌っているのでメロディーが私の耳にもおなじみになってきている。歌うだけではなく、ichigoは伴奏までそこそこ弾けるようになっている。若いだけあって、独学でしかもいつやってるんだか、あれだけ弾けるなら、私がやるより相当期待できると思うんだが(親バカですから〜引き算して聞いてください〜はい〜)レッスンを受けるとはなかなか言わない。もったいないなあ〜。

しかし、私も小学生の時はいやいや教室に通っていた。小学校に入る前から中学1年の春、部活をバレーに決めるまで、私はピアノを習っていたのだー。
最初は良かった。小学2年で黄バイエルを卒業し、ハノンとかツェルニーとかの楽譜に切り替わった時に、この子は才能あるとおだてられたんだかなんだか、両親が私にピアノを買ってくれた。(かなり無理をしてくれたと思う。)
しかしそこから先がいかんかったー。みごとに練習しなかった。
今、分析するに、要は強制されるのがいやだったのかなー。
高いピアノ買ったんだから練習しなさい とか、
高い月謝払ってんだから練習しなさい とか
おかあさん、あなた言ってたんじゃあなかですか〜?
そんな、記憶がちょびっとあります。
だからちっとも楽しくないし、かろうじて発表会のためだけにやってるような…。
で、しまいには、あきれて何も言わなくなったような…。
ですから、先生もほとほといやになってたんではないかしら?
まあ、それだけ才能がなかったってことなんでしょうが。
そんな事になってもしょうがないから、ichigoにはこれまでなるべく習い事を強制しないできた。
しかし、強制されながらもそれを乗り越えたときに、確実な力を身につけるってこともあるのかな?
習い事については、相当迷いながら、とうとうここまで来ちゃったって気がする。

それにしても、部活の吹奏楽も、クラス対抗の合唱コンクールも、これほどまでに思い入れるとは…。
よほど好きなんだなあと思うことがある。
なんとか、背中を押してあげたい親心。
しかし、押しすぎるとぶちこわしになるし…。

ichigoのピアノ伴奏をしていた、かなりの腕前の、それはそれは素晴らしい演奏を聴かせてくれた同級生が、出番がくるまでとなりでガタガタ震えてたって。
それを聞いてちょっと感動。

どんなに上手な人でも緊張して震えるんだー。
そのプレッシャーと闘ってるんだー。

人間成長する上で、こういう事って、大切なことだと思う。

a0068763_18233935.jpg

ほら、真ん中の女の子、これがichigo
  …って、携帯で撮ったって見えんっちゅーの!
[PR]
トラックバックURL : https://uench.exblog.jp/tb/2782889
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by uench | 2005-12-06 18:26 | ●My daughter ichigo | Trackback